<img height="1" width="1" style="display:none" src="https://www.facebook.com/tr?id=388281687962727&amp;ev=PageView&amp;noscript=1">

FINALCAD、フランス政府により有望スタートアップ40社に選ばれ、成長の次のステージに。

Sep 19, 2019 10:23:00 AM

[]

  • シリーズCのリリースから一年が経ち、FINALCAD(フィナルキャド)はSaaS(サービスとしてのソフトウェア)へ移行し、顧客ポートフォーリオを倍増させました。
  • そして、FINALCADは9月18日に、フランスのデジタル経済大臣のセドリック・Oにより、有望スタートアップ40社 Next40 に選ばれました。
  • また、FINALCADは、ドロップボックスのヨーロッパ、中近東、アフリカ地域の専務取締役であったフランク・ルトーンドル氏をCOO(最高業務執行責任者)に招聘したことを発表しました。

__________

 

パリ、2019919-フランス政府は、ヨーロッパのユニコーン企業を創出するために、有望スタートアップ40社を選出。FINALCADは有望スタートアップ40社に選出され、またCOO(最高業務執行責任者)としてフランク・ルトーンドル氏を招聘しています。

Next40-Finalcad-Franck_Le_Tendre-JP

 

「このような栄光ある40社に選ばれてとても光栄に思います。また、フランス政府に信用されたことを大変嬉しく思います。「理想と現実の両方を踏まえた上で、我々はヨーロッパから世界レベルのテックリーダが出ることが必要とされていると思いますし、またその一端を担いたいと思っています」と、共同創業者兼CEO(最高経営責任者)の、ジミー・ルシャールは語っています。

今回有望スタートアップ40社に選ばれたのは、フランク・ルトーンドルをCOO(最高業務執行責任者)に迎え、会社として新しい段階に入る時期と一致しています。フランクはかつてドロップボックスフランスのマネージメント責任者、ならびにドロップボックス・ヨーロッパ、中近東、アフリカ地域担当技術責任者でした。今回フランク・ルトーンドルがFINALCADに加わることになったのは、まだ未開発の市場におけるビジネスモデル、および仕事のやりがいに関して、FINALCADのメンバーから納得の行く説明を受けたからです。

フランク・ルトーンドルの参加により、成長はさらに加速していくでしょう。「アメリカのテックジャイアントで働いたことで、ビジネスを短期で、世界レベルにスケール化させる方法を学びました。FINALCADからの仕事のオファーは興味深く、チームの雰囲気も良く、将来有望な市場での堅実なビジネスモデルには未来を感じました。SaaSのエディターとなったことで、FINALCADは次の段階へと踏み出しました。私の仕事は、できるだけ早く、年商1億ユーロを突破させ、そしてそれを継続させることです。」

新しいフェーズに入ろうとするFINALCADには次のような野望がある

  • スペインでの子会社設立
  • FINALCAD Liveの製品開発、現場のビジネスチャットに使えるSlack
  • 現場の日々の報告が、欠陥の追跡調査と繋がっている、主要商品です。

2018年に資金調達に成功したことで、ビジネスモデルが認められ、そして完全にSaaSのエディターにもなりました。年商もクライアント数も2018年には倍増しました。ビジネスモデルの有効性が認められつつあり、またスケール化をスピーディに進めるためのスキルを持つフランクがチームに加わってくれたため、安定して年商100億ユーロを達成するという目的に必要なピースが揃いましたと」ジミー・ルシャールは締めくくりました。

 

__________

FINALCADについて

FINALCADは、建設、インフラ、エネルギー、採掘の分野における、デジタルを使った変革のグローバルリーダーです。FINALCADによって、現場で働く人は自分の仕事に誇りを感じることでしょう。異なる現場との連絡を取りやすくすることで、付加価値向上の妨げとなっていた労働管理のための作業タスクを減らすことが可能になりました。その結果、現場を仕事の中心に取り戻し、何百万という労働者の労働環境を改善することで、建設業界はよりスピーディに、より安価に、よりよい作業を行えると、FINALCADは信じています。2012年以来、FINALCADは35カ国で2万以上のプロジェクトに参加し、Draper Esprit、Cathay Innovation、Salesforce Ventures、Serena、Aster、CapHornから総額6300万ドル以上を調達してきました。さらに情報を知りたい場合は、こちらのサイトをご覧ください https://www.finalcad.com/ja/

 

FINALCAD、フランス政府により有望スタートアップ40社に選ばれ、成長の次のステージに。

__________

 

パリ、2019919-フランス政府は、ヨーロッパのユニコーン企業を創出するために、有望スタートアップ40社を選出。FINALCADは有望スタートアップ40社に選出され、またCOO(最高業務執行責任者)としてフランク・ルトーンドル氏を招聘しています。

[]
スマホで建設現場におけるQHSEプログラムをスマートに管理

建設プロジェクトにおいて「安全」を確保することは非常に重要なことです。建物や道路工事、エネルギー分野など、どのようなプロジェクトにおいても、それは常に最も重要な懸念事項であるはずです。最新のEurostat データによれば、ヨーロッパ(E28)で起こった致命的な事故の20%以上が建設業界で起こったとあります。つまり建設業界は、致命的な事故の数が最も多い業界ということになります。

[建設現場の安全]
建築現場でのデジタル化を促進するには

デジタルトランスフォーメーションは、IT の進化とともにこの数十年で全ての業界において注目を集めています。多くの企業が、時代の変化に乗り遅れないために、様々なデジタル技術の活用に取り組んでいます。新しいデジタル技術を企業全体に導入するために、多額の投資を行う企業も少なくありません。

[建設業 ビッグデータ]