<img height="1" width="1" style="display:none" src="https://www.facebook.com/tr?id=388281687962727&amp;ev=PageView&amp;noscript=1">

2015年: FINALCADは、建設産業のデジタル化におけるリーダーシップを推進し、それを確立しました。

2016年2月15日

[プレスリリース]

2016年2月15日(パリ) – 建設プロセスをデジタル化するためのアプリを提供する企業であるFINALCADは、2015年に大きく加速しました。FINALCADは、全世界での収益を150%増加させ、7,000件以上のプロジェクトを提供し、10万人以上のユーザーに使われ、フランス・東南アジア・韓国・日本の各国で主要な企業と新たなパートナシップを提携しました。

社内の組織化、国際的な事業展開

 2015年は、企業の成長を支えるために必ず必要であったFINALCADの社内の組織化の年でした。この組織化は、2014年の出資によってFINALCADにとって初めての資本パートナーとなったSerena Capitalによる支援を受けました。このプロセスのおかげで、社内は以下のように変化しました。

  • 経営陣の組織化と拡大(マーケティング部門の取締役、生産部長、販売部門副社長が経営陣に加入)、研究開発部門・生産部門・販売部門の強化、顧客対応部門の設立
  • シンガポールに子会社を設立することによる国際的な事業展開の強化、各地の主要企業(清水建設、大宇建設、Woh Hup)や、アメリカ(マイアミのブリッケルシティ・センター)やイギリス(ロンドンのレキシコン・プロジェクト)を中心とした何十もの有力なプロジェクトとの、直接的な提携

 

これまでよりもさらに革新的な製品

 2015年は、製品としてもFINALCADが発展を遂げた年でした。提案内容の幅が大きく広がり、サービスや提案内容がより具体的となり、価格設定がより複雑な案件にも対応できるようになりました。

  • アプリはすべてのモバイルプラットフォームで利用可能に。: 2015年は、FINALCADが、Androidアプリ、新しいWindows10対応アプリ、そしてSwift言語に基づいた新しいバージョンのiOSアプリでも提供開始された年になりました。

  • 新機能の開発: インタラクティブなマップ、スタンドアロン・プロジェクトのバックアップ、スタンドアロン・プロジェクトからプロフェッショナル・プロジェクトへの変換
  • 機能の最適化: 写真への注釈ツール、QRコード、文書作成ツールの再構成
  • FINALCADのAutoCAD用プラグインの提供開始: 移動中や現場でも使えるように、ユーザー自身がスタンドアロン・プロジェクトの準備を行うことが可能に。
  • FINALBOXアプリの提供開始: よりシンプルで安全な文書交換プロセス
  • FINALCAD施工品質調査の提供開始: 建設関係者が、過去の知見に基づき、最も起こりやすい不具合を予測することが可能に。

 

建設産業のデジタル化の最先端企業

 会社の成長および新しい提案の他にも、2015年は、建設関係者とともに、BIMの開発を支える「フレンチテック」や建設産業のデジタル化の推進者の中で、認知度を高めた年でした。FINALCADはAutodesk Developer Network(AND)のbuildingSMARTの一員であり、ADEME(フランス環境エネルギー管理庁)によって、GTM(VINCIの子会社)が主導する革新的なプロジェクト「Building 2.0」に選ばれました。

 FINALCADは2015年に多くの賞を受賞することもできました。アクセル・ルメール デジタル担当大臣によって授与されるFrench Tech PASS、Bpifrance Excellenceラベル、INSEAD・HEC・MEDEF(フランス最大の労働組合)によって授与されるBlueAwards、CustomerCentric Selling研究所によって授与されるTop Performing CCS Sales Process Award、そして、Delloitte のFast50 FranceとFast500 EMEAランキングにも選ばれました。

 さらに、FINALCADは、建設および技術セクターの主要なイベントにも参加しました。フランスでは、the Public Housing Union’s Congressやthe “Meeting BIM”やBATIMAT、イギリスでは、CPD Foundation(RICS主催)、シンガポールでは、BuildTech Asiaに参加し、フィンランドでは、FINALCADはSlushでのthe French Techを代表する10社のスタートアップのうちの1つでした。日本では、第42回 IFAWPCA建設会議に参加し。

 

「新しい建設プロセスへ」という目標へ向けて、高い志を掲げる2016年

 会社の成長を支えるために、FINALCADは2016年にふたたび増資を行います。プロジェクトは数多くあり、志の高いものばかりです。

#モバイル

  • iOS Swiftアプリの国際展開
  • モバイル端末の利用者を管理するために設計されたFINALCADマネージャーの提供開始
  • アプリ内トレーニングの改善(新規導入プロセスやアプリ内で利用できるトレーニングなど)

#スマートデータ

  • GetMyData製品、分析用ダッシュボード、写真認識の提供開始
  • FINALCAD施工品質調査のアップデートおよび新たな報告書

#BIM

  • FINALCADアプリ内から行うBIMモデル内のナビゲーション
  • BIM World(2016年4月67日)のイベントへの参加
  • FINALCAD用Revitプラグインの提供開始
  • IFCおよびBCFフォーマットによる相互操作性

#グローバル

  • シンガポールを拠点としたチームの強化
  • 北米、アフリカ、アジア、ヨーロッパでの国際的な事業展開

#建設

  • 構造の施工、仕上げの施工(品質管理チェックリスト、進捗状況レポート)、業務委託、ファシリティ・マネジメント、ロジスティクス(5Sプロセス、ラストプランナーシステム)への提案内容の拡張
  • 重要なプロジェクトの竣工(例:フランス…ルマ・パーク(アルル)、オリンピック・リヨン・スタジアムのファシリティ・マネジメント、アジア…イシュン・コミュニティ・ホスピタル(シンガポール)、 ケアンヒル・プロジェクト(シンガポール)、マトレード・エキシビション・センター(マレーシア・クアラルンプール)、アイソーホー・アイシティ・アイン・シャー・アラム(マレーシア)、メナラ・ダナモン(インドネシア・ジャカルタ))

映像を見る: 

建設業界のデジタル化をリードするFINALCAD 総額4,000万ドル(約46億円)の資金調達を実施

2018年12月13日、フランス、パリ — スマートフォンやタブレットを活用し建設現場のデジタル化をリードするFINALCAD(ファイナルキャド)は、Draper Esprit、Cathay InnovationおよびSalesforce Ventures のサポートによりシリーズCラウンド総額4,000万ドル(約46億円)の資金調達を完了いたしました。この投資により、今後大きく成長が期待できるヨーロッパとアジア市場においての事業を大幅に加速いたします。

[プレスリリース]
FINALCAD、東京オフィスおよびアジアデータセンター開設

2018年6月14日 - 建設、インフラ、エネルギー業界のデジタル化をリードするFINALCADは、東京オフィスを開設すると共に、東京にアジアデータセンター新設した事を発表します。

[プレスリリース]
第1回スマートビルティングEXPO出展のお知らせ

第1回住宅·都市イノベーション総合展2016にて, FINALCADを出展いたします!

本展示会について:

住宅·都市イノベーション総合展2016は「第1回建材EXPO」, 「第1回住宅設備EXPO」 「第1回照明EXPO 」,「第1回都市开発EXPO 」および「第1回スマートビルEXPO 」で構成される,国内外のソリューションベンダーが一同に集う建設業界向けの総合展示会です.

ご来場のメリット:

今年9月,日本国政府はドローン,人工知能(AI: Artificial Intelligence)および技術革新を活用し2025年までに建設業界の生産性を20%引き上げる方針を発表しました.

展示期間中の3日间, FINALCADは以下に関連する内容の展示を行います:

-建設現場での電子化, BIMとAR (Augmented Reality:拡張現実)のトレンド紹介

-設計,施工,建物管理の流れをつないで成功を収めるための,建設企業が導入すべき戦略

-パフォーマンスと品質を向上しつつ,運用費の削減を達成することで,建設投資家はどのようにビジネスを変革していくのか

-業務の中断を最小限に抑えつつ,既存のワークプロセスの中に新しい技術を導入して将来の予測を確実に行う

-ユーザー実事例の紹介皆様のご来場を心よりお待ちしております. ぜひ, カレンダーへの予定登録をお願いいたします.

[]
FINALCADと株式会社シスプロがパートナーシップを締結 建設現場で使えるモバイル端末アプリケーションの販売・導入支援パートナーとして協業

パリ、東京, 31 May, 2016 -モバイル端末アプリケーションと予測解析で建設業界に変革をもたらしているフランスのFINALCAD と 建設業界向けソフトウエアの開発・販売を行う株式会社シスプロは、日本国内の建設現場で活用できるモバイルアプリケーションとスマートデータソリューションの提供を行うためのパートナーシップを締結しました。

[プレスリリース]

フランス/グローバル

Aurélien Blaha

FINALCAD

aurelien@finalcad.com

+33 623 999 299

日本

Kaori Suenaga

Business France Japan

kaori.suenaga@businessfrance.fr

+ 81(0)3 57 98 61 28

アジア

Kunalan Doraisingham

Priority Consultants

kunalan@priorityconsultants.com

+65 6338 1006